ヘルメット 初装着❗️

スポンサーリンク

ヘルメット治療のフォローアップ施設へ

ゴールデンウィーク明け、ヘルメット治療のフォローアップをしてくれる施設である某製作所へ行きました。

どうやら、ヘルメットの治療でヘルメットの内側を削るのに必要な技術が、義足などを作成する技術(?)と同じなのか、福祉機器の会社がフォローアップ施設になっていました。

立地で選ばれていないので、交通の便はよくありません((+_+))

私達が通うフォローアップ施設は、新幹線が止まる駅ではなく、在来線に乗り換えなければなりません。

道中のことは、忘れてしまいましたが、

どんな体勢だったんだろ

新幹線の中では寝てくれてたみたいです^ ^

初めてのヘルメット装着❗️

果たして、りっすんはヘルメットをかぶってくれるのか、

りっすんママ
りっすんママ

388800円を捨てることになったらどうしよう、、、

そんな思いの中、某製作所へ行ってみると、、

担当の方と別の方とお二人が対応してくれることになっていました。

担当の方が、りっすんが大学病院でギャン泣きしたのを見て、通常一人でされているのを、二人にしてくれたようでした。

そして、、、

アメリカから、ヘルメットが届いていましたー・:*+.\(( °ω° ))/.:+

持った感想は、、

「重い」

です。

ヘルメットは200グラムだそうで、こんな重いものを赤ちゃんの頭にのせなくちゃいけないのかと心配になりました。(私はチタンの時計のような軽さを想像していました。)

2019年2月に、日本でも医療機器と認められているようなので、大丈夫でしょうが、、、

ちなみに、旦那のお母さんは、ヘルメットは思ってたより軽いと言われていました^ ^

さて、りっすん、いよいよヘルメットを装着します!!

ギャン泣きするかな?!?!?!

かわいー♡

なんと❗️

すんなりいけました\(^o^)/

5分程かぶってみて、赤くなる圧迫痕がないかを確認します。

圧迫痕とは、前頭部や後頭部へそれ以上の突出を防ぐため、ヘルメットに適度なプレッシャーを与える際にできる薄いピンク色の痕跡で、放置すれば20分程度で色が薄くなるものです。

りっすんは、右前に圧迫痕ができました。

大学病院で計測してからの3週間で、頭が大きくなったためです。

この頃のりっすんの頭は、成長が著しかったみたいです。

削っても圧迫痕が消えないので、大丈夫か確認したところ、削ってもいいけど、これぐらいの圧迫痕がないとまん丸になりにくいとのことでした。

りっすんママ
りっすんママ

とりあえず、りっすんがヘルメットをかぶってくれて安心^ ^

次は、2週間後、またヘルメットの調整に某製作所へ行きます。

そして、この日、実家には帰らず、離れて暮らしていた旦那のもとへ行き、家族3人で暮らし始めたのでした。

スポンサーリンク

◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ通信教育 【幼児コース】

☆ブログランキング参加中☆ よろしければクリックをお願いします^^